HOME > 塗替えのタイミング

塗替えのタイミング

塗り替えのタイミング

塗り替えのタイミング
外壁の塗装は毎日、風や日光(紫外線)、雨にさらされています。塗装はそれらから家を守ってくれるものです。
しかし塗料の耐久年数は材料にもよりますが、最大でも10年程度となります。
もしも塗装が剥がれてしまうと壁材などがむき出しになり建物内部の腐食を許してしまします。
そうなる前に点検やメンテナンスを行いましょう。

塗り替え前のチェック項目

塗装剥がれ
塗装は経年劣化によりどうしても剥がれてしまいます。
できることなら剥がれる前にメンテナンスを行うことをおすすめします。

ヒビ割れ
温度や湿度の変化により塗装面がひび割れてしまうことがます。
ひび割れは景観の問題と無視してしまいがちですが、小さな隙間からでも水は浸水してしまい、建物内部を腐食させてしまいます。

カビ・コケ
ホコリや土の付着によりカビや苔が発生することがあります。
建物の腐食はもちろん、空気の汚染なども問題視されます。
また苔などが発生し過ぎると雨水などの流れなどを遮っていしまい、水もれなど原因になることも!

白い粉がつく
塗装面を触ると白い粉がつくことがあります。
これをチョーキングと言い、塗料の劣化を示しています。

色艶がわるい
新築時、塗り替え後の塗装を思い出してください。
色が悪くなっていませんか?
目に見えるキズなどがなくても、確実に劣化してきている証拠です。
まずは点検をおすすめします。

汚れ
外壁の汚れをそのままにしておくと、塗装面の劣化進行を早めることとなります。
こまめに掃除しましょう。

サビの発生
特に鉄部分の塗装は、劣化が進むと鉄部分がむき出しになってしまい、サビが発生してしまいます。
見た目は小さなサビでも内部の広い部分まで進行していることがあります。

事前にきっちりと説明をさせていただき、お客さまご納得の上で施工させていただきます。お客様のご要望に合わせた施工を心がけております。
株式会社 大翔

〒430-0854
静岡県浜松市中南瓜内町1011
TEL 053-442-8244
FAX 053-581-9463
静岡県知事許可(般-21)第05973号